福岡県宗像市の歯科・小児歯科・口腔外科・マイクロスコープ・セカンドオピニオン・訪問歯科
くりえいと歯科おおかわちクリニック 福岡県宗像市くりえいと三丁目3番1号 月・火・木・金 18時30分まで 水・土 16時30分まで ご予約はお電話番号0940-39-8020まで

実際の治療内容

診療内容7(一般歯科・予防歯科)

はじめに - 診療内容一覧

情報量が多いため、複数ページに分割して掲載しております。このページは7ページ目です。
注※ここから先は虫歯の写真や歯茎からの出血を伴う写真がアップで表示されることがあります。

【一般歯科治療】もちろん普通の治療もしています

【概要】
神経を残す処置や抜歯を回避する治療に関しては、状態を見ないと保険治療が自費治療かは言えませんが、特に、神経を残したり歯を残したりにあまり関心がない方の場合は、神経を取る処置や抜歯はほぼ例外なく保険治療として行っております。(※矯正を唯一の目的とする抜歯の場合は自費治療になります)神経を取る処置であれば、保険治療でもラバーダムやマイクロスコープを使用することも多いです。(※マイクロスコープを使用するかどうかは担当歯科医師が必要に応じて判断します。患者様からのオーダーではできません。)
歯の溝の小さな虫歯や側面がかけてしみる等の治療も保険の材料・方法でほぼ問題なく治療できます。大きな虫歯であっても、少し削る量は増えますが、保険の銀歯やプラスチックの白い被せ物もしっかり適合良く作り接着操作をきっちりやれば、機能的には自費のセラミックに劣らないレベルにできると考えています。方法や歯の切削量、見かけにこだわりがなく、機能的なものだけを求めるのであれば、保険治療で十分かもしれません。安心して選択してください。こちらからおすすめすることもあります。
しっかり機能する保険治療、より低侵襲・より保存的に・より審美的にであればそれに応じた自費治療、という位置づけです。
その他、前述した顎関節症等の多くの口腔外科処置、訪問歯科治療、歯周治療(自費の再生治療を除く)、後述する予防・メンテナンスも基本保険診療で行っております。 ↑診療内容一覧に戻る

【予防・メンテナンス】悪い状態を治すより良い状態を維持する方がずっと簡単です。メンテナンスはとても大切。

【概要】
悪い歯を治すのはとても大変です。せっかく大変な治療を頑張って健康な歯を手に入れたのですから、ぜひともこの良い状態をより長く維持していただきたいです。治療は100%上手くいっても、それは全体では50%です。残りの50%はメンテナンスです。悪い歯を治すより、よくなった歯を維持する方が簡単です。
メンテナンスは、歯磨きが出来ているか、出来ていないとすればどこができていなくて、どうすれば改善できるかのチェック、時間がたって硬くなり歯ブラシで取れなくなった歯石を専用の器具で除去する、炎症がある部位へのお薬での消毒、知覚過敏のチェックとケア、かみ合わせの異常がないかのチェック、新たに虫歯がないか、まだ治療をせずとりあえず経過観察している・・というような歯が治療が必要な程悪くなっていないか等を診ていきます。基本は歯科衛生士が行い、必要があるときは歯科医師がところどころ代わります。異常があれば、治療に移行することもあります。
予防やメンテナンスは歯周基本治療を一度行った上でないと保険適用になりません。正式にはメンテナンスとは言わず、歯周病重症化予防処置・歯周安定期治療といいます。伝わりやすいのでメンテナンスという表現をよく使いますが、厳密には保険治療でメンテナンスはできません。メンテナンスではなく、安定期における歯周治療という位置づけであるため、歯周病が完全に治癒した場合は対象とはなりません。ただよっぽど若い方の局所的な歯周病でもない限り、歯周病が完治することはそうそうありませんので、基本的にはほとんどの方で、歯周病の治療を一通り受けた後であれば、定期的なメンテナンスや予防処置を保険治療内で受けていただくことが可能です。ちなみに歯科医師である私(院長の大川内)も一番奥の歯の歯周ポケットは5mmあり、これは立派な歯周病を表す数値です。もちろんかなりケアには力を入れていますが、この数値以下にどうしてもならないのです。その理由は、咬合力や歯並び、歯と歯肉の位置関係で同じ口の中でも歯周病のリスクは大きく変わるので、しっかり正しく歯磨きをしていれば歯周病には絶対ならないということはないからです。
↑診療内容一覧に戻る

←診療内容6ページ目へ(【訪問歯科治療】~)