福岡県宗像市の歯科・小児歯科・口腔外科・マイクロスコープ・セカンドオピニオン
くりえいと歯科おおかわちクリニック 福岡県宗像市くりえいと三丁目3番1号 月・火・木・金 18時30分まで 水・土 16時30分まで ご予約はお電話番号0940-39-8020まで

実際の治療内容

セラミックに頼らない!自分の歯を白くする、ホワイトニイング治療集

症例一覧

注※ここから先は虫歯の写真や歯茎からの出血を伴う写真がアップで表示されます。
case5-1,5-2は「実際の治療内容」のページのcase4,5と同じです。
※一番メジャーなホームホワイトニングを掲載するのを忘れていました。当然ホームホワイトニングが一番症例が多いのですが、当たり前に普通にしっかり綺麗になるだけなので、少しだけ珍しかったりする症例を優先的に掲載しています。

case5-0
神経のない歯・神経が死んでしまっている歯のホワイトニング

治療前後
治療前後の比較写真:ウォーキングブリーチの流れ
【概要】
神経がない歯の変色は、歯の内部に原因があるため、通常のホワイトニングでは薬剤が届かず効果が見込めません。そのため、特別なホワイトニングが必要になります。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    3本まとめて治療を行うため、ラバーダムも3本とも見えるように装着する必要があります。YDMのクランプ26Aを隣在歯の二本にそれぞれかけることで、211や210を使用したときの視界をさえぎられるような状態を回避できます。カリエスを徹底的に除去し、象牙細管の走行を意識しながら、深くなり過ぎないよう注意深く形成していきます。深くなり過ぎると、象牙細管ごしに骨や歯肉にダメージを与えてしまうためです。CRでシーリングしたあと、ホワイトニング材であるオパールエッセンスのエンド用35%を調薬し、再びCRで蓋をします。漂白にかかる時間はそれぞれですが、大体は1週間もしないうちに一気に白くなることが多いです。この方は3日目でほぼ目的の白さになり、1週間で終了しました。薬剤は最大2週間程効果があるので、必要な場合はそれだけ待つこともあります。治療後は、調薬するためのスペースをCRで充填しなおし、着色した古いCRのやりかえ等を行い、治療終了となります。
  • 【備考】
    使用する薬剤にアレルギーがある方にはできません。金属による着色には効果的ではありませんが、純粋に金属のみの変色であることはあまりないのであきらめずに一度ご相談ください。効果が見込めるかどうか、施術できるかどうかこちらでしっかり診査します。
  • 【費用】
    ウォーキングブリーチ3本(自費:15,000×3=45,000円+税)
    他の歯科処置を含まず、ウォーキングブリーチのみをご希望の場合は上記に合わせて自費初診診断料5000円がかかります。保険治療等からの移行の場合は別途診断料はかかりません。ウォーキングブリーチ後にCR充填処置等が別途必要です。
↑実際の治療内容一覧に戻る

case5-1
歯茎の着色除去(ガムピーリング・歯肉のホワイトニング)

この症例は「実際の治療内容」のページのcase4に詳細を載せています。 治療前後の比較写真:歯茎のメラニン色素を除去した比較写真

case5-2
失活歯(神経のない歯・神経が死んでしまっている歯)のホワイトニング2(ウォーキングブリーチ)

この症例は「実際の治療内容」のページのcase5に詳細を載せています。 治療前後の比較写真:神経が死んでしまい黒く変色した歯が治療後白く綺麗になります
    ↓さらに多くの治療例を見る↓
  1. なるべく歯を削らない【ダイレクトボンディング】治療集
  2. 神経を残す【覆髄処置】治療集
  3. 歯を残す【根管治療】治療集
  4. 美しく長期維持させる【セラミック治療】治療集