宗像の歯科・小児歯科・口腔外科・顕微鏡歯科
くりえいと歯科おおかわちクリニック 福岡県宗像市くりえいと三丁目3番1号 月・火・木・金 18時30分まで 水・土 16時30分まで ご予約はお電話番号0940-39-8020まで

実際の治療内容

実際の治療内容

できるだけ実際の症例を詳細に紹介できたらなと思います。
似た内容が多くなりそうなので、増えてきたらまとめます。
注※ここから先は虫歯の写真や歯茎からの出血を伴う写真がアップで表示されます。 ↓もっと多くの治療例を見る↓
  1. なるべく歯を削らない【ダイレクトボンディング】治療集
  2. 神経を残す【覆髄処置】治療集
  3. 歯を残す【根管治療】治療集
  4. 美しく長期維持させる【セラミック治療】治療集
  5. 自分の歯のまま綺麗にする【ホワイトニング】治療集

case1
下顎大臼歯のダイレクトボンディング修復治療(虫歯の程度:浅:修復範囲:隣接面+咬合面)

治療前後
治療前後のみの比較写真:メタルから自費用コンポジットレジンへ 治療の流れ 治療の流れの写真:メタル除去から自費用コンポジットレジン築盛まで
【概要】
金属の詰め物の裏側に虫歯があったので金属を除去し、自費用コンポジットレジンで修復しています。
この歯はエナメル質の破折を伴う虫歯がありました(case1「治療の流れ」の写真3枚目を拡大すると隣接部のエナメル質に象牙質に及ぶ破折線が確認できます。)エナメル質は虫歯に対する耐性が強いですが象牙質は弱いです。エナメル質にヒビが入ってしまうとそこから細菌が象牙質内に侵入し、すぐに大きな虫歯になってしまいます。破折があると表面をどんなに綺麗にしていても虫歯が進行してしまうことがあります。破折は咬合力が強くかかる部位や詰める銀歯等の金属修復物の応力がかかる部位、歯質の薄い部位等に比較的できやすいので、修復にはそれらを考慮した治療方法を選択する必要があります。
  • 【治療回数】
    2回 45分+75分
  • 【方法】
    1回目で銀歯と虫歯をとり、神経を守る薬で穴を封鎖しました(case1「治療の流れ」の写真の一行目の終わりまで)2回目で痛みが出なかったことを確認後、神経に近い部分以外の裏装材を除去します。表面が汚れていたり濡れていたりすると接着力が激減するため、エアフローというカルシウムの粉を吹き付ける器具で徹底的に清掃し、乾燥下で各種薬剤で歯面処理を行います。硬いコンポジットレジン程、接着操作をより慎重に行う必要があるため、歯にカバーをかけ(ラバーダムといいます)隙間から排唾管という器具で常に吸引を行い常時カラカラに乾燥した状態を維持します。口をあけている間は開口器を噛んでもらいますので、自分で大きく開け続ける必要はありません。半分以上の患者さんは治療中眠っておられます。コンポジタイトという器具で隣の歯との隣接面を隙間なくスムースな形になるよう成形し、咬合面にもコンポジットレジンを築盛していきます。ラバーを外し咬合調整を行い、ラミニンチップと言われるやすりを振動させる機械で段差がないようしっかり研磨し汚れが付きにくい形に整えて各種器具で最終研磨し治療終了です。
  • 【備考】
    ダイレクトボンディングは自費修復治療の中では一番安価で費用対効果に優れますが、1時間以上うがいなしで口を長く開けておく必要があるため、小さなお子様や顎関節症の方等、口を長く開けておくことができない方には向きません。セラミックの粉の繋ぎにレジンを使用しているため、レジンアレルギーの方にもできません。この方は咬合力が極端に強い方ではなかったので、セラミックではなくコンポジットレジンによるダイレクトボンディングで行いました。銀歯のやり替えではあまり関係ありませんが、型取りの必要がないため、金属やセラミック修復よりも歯の切削量を最小限に抑えることができるメリットもあります。当院では自費根管治療とともに頻度の多い治療の一つです。
  • 【費用】
    1回目:X線診査+麻酔+インレー除去+う蝕処置+間接覆髄処置等(保険:3500程度)
    2回目:MO窩洞ダイレクトボンディング修復(自費:25000+税)
→他のダイレクトボンディング治療例を見る
↑実際の治療内容一覧に戻る

case2
上顎大臼歯のMTAセメントによる直接覆髄治療(虫歯の程度:深)

治療前後
治療前後のみの比較写真:虫歯が深く露髄した神経をMTAセメントで覆髄 治療の流れ 治療の流れの写真:虫歯の除去から露髄、MTA直接覆髄、バルクベース封鎖まで
【概要】
虫歯が深く神経まで達していたのでMTAセメントで直接覆髄治療を行いました。
虫歯は黒いところが虫歯、というわけではありません。汚れの場合もありますし、虫歯以外の原因で変色していることもあります。取り除くべき虫歯の部分を判定するにはニシカカリエスチェッカーという染色液を使います。赤と青色があり、今回は青色を使用しています。写真で青く染色されているところが削るべきところです。削合していき、神経が入っている空間である歯髄にまで達すると出血してきます。以前は神経まで達するような虫歯の場合は神経を取る処置を行うことが一般的でしたが、現在は痛み等の症状がなければ高い確率で神経を残すことが可能になってきました。case2「治療の流れ」の写真2列目の左から3枚目と4枚目を比較すると染色部を削って出血してきていることがわかります。実際は出血点の周りを改めて染めるとまだ染色していたので、染まらなくなるところまで徹底的に虫歯を除去しています。
  • 【治療回数】
    1回 60分 (+この後に修復処置や補綴処置が必要です(1~数回))
  • 【方法】
    染色液で青く染まる部分を徹底的に除去します。一気にたくさん削ればすぐ終わるのですが、最小限の切削量で、健全な歯質を少しでも多く残したいので少し削っては染めてを何度も繰り返す必要があります。今回は、もともとあった大きな穴ではなく、拡大視野下でないと見落としてしまいがちな小さな裂溝の奥で、深く広がる虫歯が存在していました(case2「治療の流れ」の写真1列目の3枚目と4枚目の写真を参照)。綺麗になった後、出血が自然に収まることを確認し、MTAセメントを充填していきます。初期硬化を待ってバルクベースという重合収縮が小さい特殊なコンポジットレジンで封鎖します。後日痛みが出ていないことを確認し、別途セラミックインレーもしくはダイレクトボンディング等の修復処置を行っていきます。
  • 【備考】
    MTAセメントは非常に高価な薬でありまた扱いが難しく、最初にうまく扱えずダメにしてしまいその後使用を躊躇してしまう先生が多い薬剤です。もしくはそういう噂を聞いて一度も使ったことがないという先生も多いと思います。また、文献でもMTAセメントが水酸化カルシウム製剤よりも明らかに優位であるという結果はまだ出ていないこともMTAセメントが浸透しきれていない理由の一つかもしれません。実際使用すると違いは歴然としており、非常に有用な薬です。神経は感染を起こしつづけると壊死してしまうので、虫歯を確実に取りきることと取り切った穴を緊密に封鎖することが重要です。水酸化カルシウム製剤は色々な製品がありますが、セメントを添加し接着力を付与したもの等でもその接着力はかなり弱く、また水分にも弱いため、出血を伴う露出した神経を封鎖することは困難でした。対してMTAセメントは水分で硬化するため湿潤環境でも強固に接着力を得ることができ、また硬化時に若干膨張することからより緊密に隙間なく穴を封鎖できます。硬化後も生体親和性に優れ安心して使用できる材料の一つです。
    MTAセメントに含まれる成分にアレルギーがある方には使用できません。 また、確実に神経を保存できるわけではありません。神経がすでにダメージをかなり受けている場合、何もしなくても強い痛みがある場合などは成功率は低くなります。
  • 【費用】
    MTA直接覆髄治療(自費:10000+税)
↑実際の治療内容一覧に戻る

説明資料1
神経を守る治療の種類 ~虫歯の深さ別~

※画像をクリックすると拡大して見れます
虫歯の説明
覆髄の説明
覆髄の詳細説明

case3
無菌的根管治療を行うための隔壁処置(虫歯の程度:深)

治療前後
治療前後のみの比較写真:虫歯が深くラバーがかけられない状態からかけられる状態へ 治療の流れ 治療の流れの写真:虫歯の除去から隔壁処置を行い、ラバーダムをかけて次亜塩素酸洗浄を行い仮封まで
【概要】
歯の内側には神経が入っている歯髄腔という空間があります。口腔内の細菌の感染によって歯髄が死んでしまった場合、歯の根の中の空洞(根管)は細菌によって汚染されている状態です。その汚染された根管を綺麗にすることが根管治療ですが、口腔内の細菌が入る環境で治療していては、泥だらけの水たまりで洗濯しているようなもので、いつまでたっても綺麗になりません。結果、組織に為害作用があるような極端に強い薬(ホルマリン等)を使い、それによって組織が傷みさらに感染のダブルパンチで尚悪くなるという悪循環や複雑化に陥りがちです。そういう事態を避けるために根管内に口腔内の細菌が入り込まないよう無菌的治療を行わなければなりません。そして、口腔内の細菌が入らない状態で治療を行うこと以外にも、安全な薬を適切な時間(1分から数分以上)しっかりと作用させることが根管治療には重要です。その両方を可能にする手段がラバーダムという方法で、治療するべき歯にカバーをかけ口腔内と分離させることで、口腔内の細菌が根管内に入らないことと、根管内で使用する薬を口腔内に漏洩させないことが可能となります。ラバーダムは特殊な金具を歯にひっかけなければならないため、虫歯が歯肉よりも深い部分に及んでいたり、健全な歯質がうすく割れやすい状態では使うことができません。そのような条件が悪い歯でも、ラバーダムを使用できるようにするために、治療歯をレジンで補強する処置を隔壁処置といいます。この処置は保険適用外となります。
  • 【治療回数】
    1回 45分 (+ここから根管処置や補綴処置が続きます))
  • 【方法】
    この歯はもともととなりの銀歯と連なった銀歯が入っていました。まず連なった金属を切断除去し、さらに土台の金属(メタルコア)を除去していきます。その後虫歯をニシカカリエスチェッカーを用いて取り残しがないように徹底的に除去し(まだ根管内はさわりません)、レジンにて隔壁作製を行います。これでラバーダムを装着できるようになったため、無菌的環境下で次亜塩素酸洗浄を行い水硬性セメントで仮封をしていきます。今回は仮封の十分な厚みが取れたのでしていませんが、隔壁の高さが取れない場合は、グラスアイオノマーセメントも用いて二重仮封することもあります。
  • 【備考】
    ラバーというとゴム(ラテックス)を使っているイメージで、もちろんその通りなのですが、世の中にはラテックスアレルギーの方もいらっしゃいます。そういう方のためにノンラテックスラバーも用意しています。
  • 【費用】
    隔壁処置(自費:3000+税)
    ただし、以後に続く処置として、自費根管治療(40000+税)等があり、このように通常の保険治療内の方法では残せないような歯を最終的に噛める状態まで持っていく場合は、金属の歯にしたとしても1歯につき10万円程度はかかることが多いです。
→他の根管治療例を見る
↑実際の治療内容一覧に戻る

case4
歯茎の着色除去(ガムピーリング・歯肉のホワイトニング)

治療前後
治療前後の比較写真:歯茎のメラニン色素を除去した比較写真
【概要】
歯のホワイトニングはよく聞くと思いますが、歯茎の着色も実は取ることができます。比較的簡単に取れるので患者さんの満足度が高い治療です。
  • 【治療回数】
    2回 30分+30分
  • 【方法】
    歯肉の着色除去の方法は薬剤を使う方法やレーザーを使う方法があります。今回は薬剤を使う方法で行いました。まず着色している部分以外に薬がつかないように口角鈎という器具で唇が歯茎に触れないよう固定します。その後、表面麻酔を塗って、歯茎表面を痛みを感じないようにします。あとは、薬剤を塗布し2分間作用させ中和というサイクルを2セット行います。施術後は着色部が真っ白に変色し、数日はその状態が続きます。1週間もすると綺麗なピンク色の歯茎になります。この間、治りを妨げるようなことや色素が中に入り込むようなこと(刺激物の摂取、喫煙など)は控えてもらう必要があります。痛みはほとんどの場合あまり感じないことが多いですが、歯茎が薄い部分では痛むこともあります。上下の歯茎をいっぺんにはせず、片方ずつ2回にわけて行うことが多いです。
  • 【備考】
    使用する薬剤にアレルギーがある方にはできません。粘膜を人為的に化学的にやけどさせ新しい綺麗な粘膜の再生を促す治療法なので、例えば「重度の糖尿病でヘビースモーカーの方」というような感染に対する抵抗が弱い方や治癒力が落ちている方では、傷が膿んでしまう可能性があるためできないことがあります。金属による着色には効果的ではありません。効果が見込めるかどうか、施術できるかどうかこちらでしっかり診査しますので、気になる方は一度ご相談ください。
  • 【費用】
    1回目上の歯茎:ガムピーリング処置(自費:5000+税)
    2回目下の歯茎:ガムピーリング処置(自費:5000+税)
    他の歯科処置を含まず、ガムピーリングのみをご希望の場合は上記に合わせて自費初診診断料5000円がかかります。保険治療等からの移行の場合は別途診断料はかかりません。
↑実際の治療内容一覧に戻る

case5
失活歯(神経のない歯・神経が死んでしまっている歯)のホワイトニング(ウォーキングブリーチ)

治療前後
治療前後の比較写真:神経が死んでしまい黒く変色した歯が治療後白く綺麗になります
【概要】
オフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどの通常のホワイトニングは歯の表面から漂白する手法であるため、歯の内部深くまで薬が浸透せず、神経が死んでしまい内部から変色してしまっている歯は漂白することができません。そのような歯を歯の内面に特殊な薬を作用させることにより漂白することがウォーキングブリーチと言います。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    まずは歯の内面にある古いプラスチックや虫歯を徹底的に除去します。象牙細管の方向を意識し、薬剤が歯肉や歯槽骨に象牙細管ごしに影響を与え過ぎないよう注意しながら深さを決め、レジンで根尖方向に薬剤が漏れないよう封をし、薬剤を入れ咬合面にもレジンで封をします。思った以上に白くなり過ぎることもあるので、数日後に一度来てもらい色をチェックし、程度によって1週間から2週間ホワイトニングします。この方は1週間で十分白くなったので、1週間後に薬剤を取り除きました。治療後の写真で、左型が黄色く浮いている部分がありますが、これは古いプラスチックの詰め物です。ホワイトニングではプラスチックは漂白されませんので、この後、やり替えることになります。
  • 【備考】
    使用する薬剤にアレルギーがある方にはできません。金属による着色には効果的ではありませんが、純粋に金属のみの変色であることはあまりないのであきらめずに一度ご相談ください。効果が見込めるかどうか、施術できるかどうかこちらでしっかり診査します。
  • 【費用】
    ウォーキングブリーチ(自費:5000+税)
    他の歯科処置を含まず、ウォーキングブリーチのみをご希望の場合は上記に合わせて自費初診診断料5000円がかかります。保険治療等からの移行の場合は別途診断料はかかりません。
↑実際の治療内容一覧に戻る

説明資料②
根管治療で治らない歯の治療法 ~外科的歯内療法~

※画像をクリックすると拡大して見れます
外科的歯内療法の説明 神経が入っている空間が細菌で汚染されてしまうと歯の根の先に病変ができてしまいます。通常は歯の中(根管)を綺麗にすることで治癒していくのですが、根管の形が複雑だったり、根の先が割れていたり壊れていたりすると細菌を十分取り除くことができず病変も治りきらないことがあります。そういったときに行うのが、外科的に歯の根っこの先端だけを切除し、切除した面からお薬を改めて詰めてしまう方法です。ここの説明はまたいずれ追記します。

case6
歯根端切除術+MTAセメントによる逆根管充填

治療の流れ 治療の流れの写真:大きな病巣がある術前から病巣が完全に治癒しきった術後の写真 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
大きなメタルコアが入っており、分岐部は破折とう蝕によるパーフォレーションを起こしている状態でした。根尖には大きな根尖病巣があります。通常の保険治療の範囲では抜歯になりますが、今回は保険外治療で保存していくことになりました。根尖病巣の把握は、歯槽硬線を追うことで行います。詳しくは歯根端切除術の説明資料をご覧ください。この症例では、通常の根管治療も行いましたが、完全には治癒しなかったため、意図的再植術による歯根端切除術を行い、MTAセメントで逆根管充填を行いました。患者さんも大変協力的にプラークコントロールを頑張ってくれたおかげで、ほぼ完ぺきに治癒しています。
※治癒後のレントゲン写真は合着直後で分岐部にセメントが残っています。合着後は念のためセメントが完全硬化する24時間は超音波を当てないようにしているためです。
  • 【治療回数】外科治療以外も含む
    8回 60分×4 +90分 +60分×3
  • 【方法】
    1回目で銀歯とメタルコアを除去しました。パーフォレーションリペアをするか迷いましたが、歯にひび割れもあったので、歯根分割術を行いました。同時に隔壁処置も行いましたが、骨に近い深い部分だったのでコンポジットレジンではなくジェリストアを使用しました。2回目からはラバーダムを使用し無菌的環境化で感染してしまっている古いガッタパーチャポイントを除去し、根管を徹底的に綺麗にしました。この時点で症状はなくなりました。3回目4回目と根の中を徹底的に綺麗にし、最終的なお薬をつめ、ファイバーで補強しました。(イスムス除去等を徹底して行ったところで、根管内からはNC発泡はしなくなったので根充とファイバーコアによる支台築造を行いました。)ただ、歯茎からまだ膿が出ていたので(サイナストラクトは微妙に残ったままだったので)、5回目で意図的再植術による歯根端切除術を行い、MTAセメントにて逆根管充填を行いました。6回目で仮歯を作り治癒を待ちつつ、7回目で治癒を確認し型取りを行い、8回目で最終的なかぶせ物をセットしました。この8回以外に治癒を待つ間などで歯周病の治療を別に行っています。
  • 【備考】
    手術なので、体力が極端にない方や全身疾患の関係で手術ができない方、ビスフォスフォネート製剤等のお薬を飲んでいて骨を触れない方ではできません。
  • 【費用】
    自費根管治療(自費:40000+税)
    隔壁処置(自費:3000×2=6000+税)
    意図的再植術・歯根端切除術+MTA逆根管充填治療(自費:40000+10000×2=60000+税)
    emaxクラウン (自費:60000+税)
↑実際の治療内容一覧に戻る

case7
適合最良で割れずに長持ちなゴールドインレーの接着

治療の流れ 治療の流れの写真:ラバーダムをマージン下までしっかり入れ込み可能な限り最大限に乾燥させた状態での接着操作 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
最近はセラミックがかなり良くなってきていますが、それでも、より歯質を削らずに、さらに適合良く仕上げるには金が一番良いと思います。
適合チェックの前に窩洞内の仮着材を完璧に除去するためにエアフロー(※安全で無害なカルシウムの粉を勢いよく歯に充てて歯の表面を綺麗にする機械です)を行います。インレーの適合が問題ないことを確認後、ラバーダムを装着し、完全に唾液の暴露を防いだ状態で、改めて唾液に汚染された表面を清掃するためにエアフローを行い、拡大視野下で問題ないことを確認後、適切な表面処理を行い接着していきます。ゴールドインレーの方もマイクロエッチャーによるサンドブラストを行い、使用する接着材に応じた表面処理を行います。 ※画像は接着直後の写真です。実際は24時間以上経過した後、さらに修復物との段差をなくすためすり合わせ研磨を行います。
  • 【治療回数】覆髄処置も含む
    4回 45分+45分+60分+15分
  • 【方法】
    1回目で古い修復物除去とカリエス除去、覆髄処置を行います。痛みがなかったことを確認後、2回目で最終形成を行い印象採得を行います。3回目に画像と概要にあるような接着操作を行い、4回目ですり合わせ研磨を行います。
  • 【備考】
    あまりいらっしゃいませんが、金にアレルギーがある方はできません。
  • 【費用】
    覆髄処置(この方はMTA直接覆髄処置であったため、自費で行いました。10000+税)
    ゴールドインレー治療(自費:40000+技工・金属代=62000+税)
↑実際の治療内容一覧に戻る

case8
歯と大変近い性質を持ち残存歯や歯質に負担をかけないセラミック治療

治療の流れ 治療の流れの写真:ラバーダムをマージン下までしっかり入れ込み可能な限り最大限に乾燥させた状態でのセラミックの接着操作 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
前述したゴールドは機能性に大変優れますが、やはり見えるところは審美的なものを使いたいものです。昔はセラミックといえば見かけは綺麗でも、歯より硬くて割れやすいもので、すり減ってくれないため噛みあう歯にダメージを与えたり、割れないようにするために金属より大きく削ったりする必要がありました。現在これらの大部分は改善されており、割れにくくまた歯と同じようにすり減るため、年月とともに段差等ができづらく機能的にも優れるものになりました。セラミックは汚れが付きにくいというメリットもあります。これはゴールドには無い特性なので、条件次第ではゴールドより機能的にも勝ることもあります。
  • 【治療回数】覆髄処置も含む
    3回 45分+45分+60分
  • 【方法】
    1回目で古い修復物除去とカリエス除去、覆髄処置を行います。痛みがなかったことを確認後、2回目で最終形成を行い印象採得を行います。3回目に画像と概要にあるような接着操作を行い最終研磨を行います。ゴールドと違って光を通すため、接着剤の硬化を24時間待つ必要はありません。(セラミックが極端に厚い場合や、クラウンで不透過性のジルコニアをフレームに使用している場合などは金属と同様に24時間待ちます)
  • 【備考】
    強度以上の力が加わると天然歯と同じように破折することがあります。よって咬合力が極端に強い方には向きません。
  • 【費用】
    X線診査~カリエス除去~間接覆髄処置等(保険 3000程度)
    セラミックインレー治療(自費:40000+税)