宗像の歯科・小児歯科・口腔外科・顕微鏡歯科
くりえいと歯科おおかわちクリニック 福岡県宗像市くりえいと三丁目3番1号 月・火・木・金 18時30分まで 水・土 16時30分まで ご予約はお電話番号0940-39-8020まで

実際の治療内容

根管治療集

注※ここから先は虫歯の写真や歯茎からの出血を伴う写真がアップで表示されます。
case3-1は「実際の治療内容」のページのcase3と同じです。
写真だけでもわかりやすいということで、隔壁処置だけ三連続になってしまっています。根管治療はレントゲン写真と合わせないとわかりづらいので今まとめ中です。もう少しお待ちください。

case3-1
無菌的根管治療を行うための隔壁処置(虫歯の程度:深)

治療前後
治療前後のみの比較写真:虫歯が深くラバーがかけられない状態からかけられる状態へ ※写真をクリックすると拡大できます。
治療の流れ 治療の流れの写真:虫歯の除去から隔壁処置を行い、ラバーダムをかけて次亜塩素酸洗浄を行い仮封まで ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
歯の内側には神経が入っている歯髄腔という空間があります。口腔内の細菌の感染によって歯髄が死んでしまった場合、歯の根の中の空洞(根管)は細菌によって汚染されている状態です。その汚染された根管を綺麗にすることが根管治療ですが、口腔内の細菌が入る環境で治療していては、泥だらけの水たまりで洗濯しているようなもので、いつまでたっても綺麗になりません。結果、組織に為害作用があるような極端に強い薬(ホルマリン等)を使い、それによって組織が傷みさらに感染のダブルパンチで尚悪くなるという悪循環や複雑化に陥りがちです。そういう事態を避けるために根管内に口腔内の細菌が入り込まないよう無菌的治療を行わなければなりません。そして、口腔内の細菌が入らない状態で治療を行うこと以外にも、安全な薬を適切な時間(1分から数分以上)しっかりと作用させることが根管治療には重要です。その両方を可能にする手段がラバーダムという方法で、治療するべき歯にカバーをかけ口腔内と分離させることで、口腔内の細菌が根管内に入らないことと、根管内で使用する薬を口腔内に漏洩させないことが可能となります。ラバーダムは特殊な金具を歯にひっかけなければならないため、虫歯が歯肉よりも深い部分に及んでいたり、健全な歯質がうすく割れやすい状態では使うことができません。そのような条件が悪い歯でも、ラバーダムを使用できるようにするために、治療歯をレジンで補強する処置を隔壁処置といいます。この処置は保険適用外となります。
  • 【治療回数】
    1回 45分 (+ここから根管処置や補綴処置が続きます))
  • 【方法】
    この歯はもともととなりの銀歯と連なった銀歯が入っていました。まず連なった金属を切断除去し、さらに土台の金属(メタルコア)を除去していきます。その後虫歯をニシカカリエスチェックを用いて取り残しがないように徹底的に除去し(まだ根管内はさわりません)、レジンにて隔壁作製を行います。これでラバーダムを装着できるようになったため、無菌的環境下で次亜塩素酸洗浄を行い水硬性セメントで仮封をしていきます。今回は仮封の十分な厚みが取れたのでしていませんが、隔壁の高さが取れない場合は、グラスアイオノマーセメントも用いて二重仮封することもあります。
  • 【備考】
    ラバーというとゴム(ラテックス)を使っているイメージで、もちろんその通りなのですが、世の中にはラテックスアレルギーの方もいらっしゃいます。そういう方のためにノンラテックスラバーも用意しています。
  • 【費用】
    隔壁処置(自費:3000+税)
    ただし、以後に続く処置として、自費根管治療(40000+税)等があり、このように通常の保険治療内の方法では残せないような歯を最終的に噛める状態まで持っていく場合は、金属の歯にしたとしても1歯につき10万円程度はかかることが多いです。
↑実際の治療内容一覧に戻る

case3-2
無菌的根管治療を行うための隔壁処置2(虫歯の程度:深)

治療の流れ 治療の流れの写真:FMC除去後から隔壁処置後仮封まで ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
レントゲンで根っこの奥に病変があったので、金属のかぶせ物を外してみると中が虫歯になっていました。虫歯を完全に取り切り、ラバーダム治療できるように隔壁処置を行っています。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    金属のかぶせ物を削って外し、中の虫歯をニシカカリエスチェックを用いて完璧に取りのぞきます。これが中途半端だと隔壁が脱離し易くなり、最終的にも虫歯を残してしまうことになってしまいます。う蝕検知液にはいくつか種類がありますが、プロピレングリコールでできた製品では、う蝕でないところまで染まってしまうため使い物になりません。ニシカカリエスチェックなどの虫歯以外の部分は染まらないような、必ず分子量の大きいポリプロピレングリコール製品を使うようにします。※象牙前質は染色するので、覆髄処置で使用する場合は、直接覆髄が成功率高くしっかりできるようになっておくべきです。カリエスの取り残しは防がなければなりません。
  • 【備考】
    状態が悪い場合は仮歯はつけられないことがあります。隔壁はレジンで作製するのでレジンアレルギーの方には使用できません。
  • 【費用】
    隔壁処置(自費:3000+税)
    注意事項は3-1と同様です。
↑治療内容一覧に戻る

case3-3
無菌的根管治療を行うための隔壁処置(虫歯の程度:深)3

治療の流れ 治療の流れの写真:歯肉のGP処置から隔壁処置まで ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
レントゲンで根っこはしっかりしていることが分かっているのですが、口腔内で見てみると歯肉に完全に埋もれている状態でした。麻酔し電気メスを用いて埋まっている歯を表に出し、虫歯を完璧に取り除き、隔壁処置を施して無菌的根管治療を行っています。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    麻酔をしっかり行い、電気メスやレーザーを用いてかぶっている歯肉を除去していきます。歯は虫歯になっていましたので、染色しながら虫歯を完全に取り除き、出血に注意しながら隔壁処置を行っています。出血がひどい場合は隔壁の材料であるレジンが接着しないため、止血は確実に行う必要があります。
  • 【備考】
    虫歯がより深い場合は、小矯正で引っ張りだしてあげる時もあります。
  • 【費用】
    隔壁処置(自費:3000+税)
    注意事項は3-1と同様です。
↑治療内容一覧に戻る

case3-4
歯根端切除術+MTAセメントによる逆根管充填

治療の流れ 治療の流れの写真:大きな病巣がある術前から病巣が完全に治癒しきった術後の写真 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
大きなメタルコアが入っており、分岐部は破折とう蝕によるパーフォレーションを起こしている状態でした。根尖には大きな根尖病巣があります。通常の保険治療の範囲では抜歯になりますが、今回は保険外治療で保存していくことになりました。根尖病巣の把握は、歯槽硬線を追うことで行います。詳しくは歯根端切除術の説明資料をご覧ください。この症例では、通常の根管治療も行いましたが、完全には治癒しなかったため、意図的再植術による歯根端切除術を行い、MTAセメントで逆根管充填を行いました。患者さんも大変協力的にプラークコントロールを頑張ってくれたおかげで、ほぼ完ぺきに治癒しています。
※治癒後のレントゲン写真は合着直後で分岐部にセメントが残っています。合着後は念のためセメントが完全硬化する24時間は超音波を当てないようにしているためです。
  • 【治療回数】外科治療以外も含む
    8回 60分×4 +90分 +60分×3
  • 【方法】
    1回目で銀歯とメタルコアを除去しました。パーフォレーションリペアをするか迷いましたが、歯にひび割れもあったので、歯根分割術を行いました。同時に隔壁処置も行いましたが、骨に近い深い部分だったのでコンポジットレジンではなくジェリストアを使用しました。2回目からはラバーダムを使用し無菌的環境化で感染してしまっている古いガッタパーチャポイントを除去し、根管を徹底的に綺麗にしました。この時点で症状はなくなりました。3回目4回目と根の中を徹底的に綺麗にし、最終的なお薬をつめ、ファイバーで補強しました。(イスムス除去等を徹底して行ったところで、根管内からはNC発泡はしなくなったので根充とファイバーコアによる支台築造を行いました。)ただ、歯茎からまだ膿が出ていたので(サイナストラクトは微妙に残ったままだったので)、5回目で意図的再植術による歯根端切除術を行い、MTAセメントにて逆根管充填を行いました。6回目で仮歯を作り治癒を待ちつつ、7回目で治癒を確認し型取りを行い、8回目で最終的なかぶせ物をセットしました。この8回以外に治癒を待つ間などで歯周病の治療を別に行っています。
  • 【備考】
    手術なので、体力が極端にない方や全身疾患の関係で手術ができない方、ビスフォスフォネート製剤等のお薬を飲んでいて骨を触れない方ではできません。
  • 【費用】
    自費根管治療(自費:40000+税)
    隔壁処置(自費:3000×2=6000+税)
    意図的再植術・歯根端切除術+MTA逆根管充填治療(自費:40000+10000×2=60000+税)
    emaxクラウン (自費:60000+税)
↑治療内容一覧に戻る

case3-5
93%の確率で存在する上顎大臼歯の4根管目(MB2根)の探索

治療の流れ 治療の流れの写真:3根拡大後にMB2根を探索し拡大したところまで ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
通常歯科の教科書的には、上顎第一大臼歯(6歳のときに最初に生えてくる永久歯です。6歳臼歯とも呼ばれます)の根は3つということになっています。ですが、1999年に出ている文献ですでに4根管目(MB2)がある確率は93%であるという結果が出ており、またその後ろの上顎第二大臼歯も60%の確率で4根管目が存在するということが明らかになっています。なぜ3根管と思われているかというと、4根管目は慣れていないと見つけて治療することが困難だからです。そのため神経を取る処置を行う場合や、感染根管に対する治療を行う場合も3根管しか治療を行っていないことがほとんどです。この上顎第一大臼歯のMB2根以外にも下顎前歯の2根管目や上顎小臼歯の3根管目、下顎大臼歯のMM根やD根がDBとDLに分かれている、樋状根、イスムス、フィン等、通常の治療では触られることがない空間が歯の中には存在しています。これらをなるべく逃さず且つ歯になるべくダメージを与えずしっかり綺麗にできることが大切です。
  • 【治療回数】
    2回 60分+60分(この後も根管治療が続きます)
  • 【方法】
    まず通常の3根(P根、MB1根、DB根)の根管を明示し、1方向からすべての根管が見えるように内開きに窩洞を整え、根尖まで綺麗にし形を整えます。MB2根はMB1根と根尖で繋がっていることが多いため、最初からは触らず、MB1を最終形成してから触った方がファイル破折やレッジ形成などのリスクも下げられ、結果的に治療も早く終わります。その後MB2を探し、拡大していきます。MB1と2の間にイスムスがあり繋がっている場合は、イスムス除去も行います。
    上顎第一大臼歯の根管治療の場合はまずMB2根はあると思いながら触るのが大事です。
  • 【備考】
    歯の形が複雑であった場合や、すでに治療済で根管形態が失われている場合は時間がかかる場合があります。
  • 【費用】
    自費根管治療(自費:40000+税)(この1回だけでなく、この後の根管治療も含みます)
↑治療内容一覧に戻る

case3-6
他院で歯根端切除されたが症状が消えずに困っていた歯のリカバリー

治療の流れ 治療の流れの写真:マイクロスコープ下で歯根端切除リカバリー
治療の流れの写真:歯根膜腔の幅が正常値にまで改善 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
歯根端切除はただ切るだけでも一時的にサイナストラクトが消えたりするのですが、そもそも根管に存在する細菌の漏洩が原因で根尖病変ができているわけなので、よっぽど根管の状態がよく補綴装置の封鎖が完璧でない限り逆根充なしでうまく維持することはできません。またベベルをつけ過ぎた場合は、象牙細管の走行を意識して、それだけより深く逆根充する必要があります。
  • 【治療回数】
    1回 120分(糸取りや経過観察は続きます)
  • 【方法】
    サイナストラクトがあったため、場所の特定は容易でしたので、切開剥離後、当該部位を掻爬し、根尖を確認し原因を特定します。今回は逆根充されていましたが、ベベルが強すぎる割には逆根充が浅過ぎたのと、そもそも封鎖が十分にされていないことが原因のようでした。CRらしき充填材を除去し、十分深くまで逆根管形成を行い、MTAセメントで逆根充しました。X線を見ると治療後は歯根膜腔の幅が根尖まで一定で、エンドの基準に即して言えば完全に治癒したと言える状態に回復していることがわかります。
  • 【備考】
    手術なので極端に体力がない方や全身疾患の関係で手術ができない方は適応ではありません。
  • 【費用】
    自費外科的歯内療法(自費:40000+税)(この方の場合は、他に通常の自費歯内療法4万とMTA根充1根管分1万も別途かかっています。根管治療以外では、自費支台歯形成5000円+emaxクラウン6万円がかかっています。)
↑実際の治療内容一覧に戻る

case3-7
破折ファイル除去症例集+除去せずに治療した症例集

破折ファイル除去症例1
破折ファイル除去前後写真1 ※写真をクリックすると拡大できます。
破折ファイル除去症例2
破折ファイル除去前後写真2 ※写真をクリックすると拡大できます。
破折ファイル除去症例3
破折ファイル除去前後写真3 ※写真をクリックすると拡大できます。
破折ファイル除去症例4
破折ファイル除去前後写真4 ※写真をクリックすると拡大できます。
除去せずに治療した症例1
治療前後写真1 ※写真をクリックすると拡大できます。
破折ファイル除去症例5+除去せずに治療した症例2
治療前後写真2 ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
根管治療中にファイルが破折するリスクを完全になくすことはできません。#08以下のステンレスファイルやニッケルチタンのロータリーファイルは特に破折するリスクが高いと思います。基本的に破折ファイル自体は残っていても問題ないと言われています。問題は破折ファイルが残ったままだとその部分を機械的に拡大・洗浄することができないことです。なので、機械的に拡大・洗浄する必要がある場合は破折ファイルの除去が必要になります。除去できない場合は歯根端切除術が必要な場合もあります。
  • 【治療回数】
    60~90分×1~2回(その後も治療が続きます) 
  • 【方法】
    マイクロスコープでファイルの断端が見えるまで拡大し、NC下で超音波チップをあてて除去していきます。パーフォレーションや破折に注意しながら行う必要があります。
  • 【備考】
    長時間の診療になる場合が多いので、顎関節症などで口を長くあけていられない方は困難な場合があります。(開口器を噛んでいてもらうので、ご自分で口を開け続けておく必要はありません。)
  • 【費用】
    自費根管治療(自費:40000+税)
    破折ファイル除去に限らず根管治療の一連の流れを含みます。