宗像の歯科・小児歯科・口腔外科・顕微鏡歯科
くりえいと歯科おおかわちクリニック 福岡県宗像市くりえいと三丁目3番1号 月・火・木・金 18時30分まで 水・土 16時30分まで ご予約はお電話番号0940-39-8020まで

実際の治療内容

神経を残す(覆髄)治療集

注※ここから先は虫歯の写真や歯茎からの出血を伴う写真がアップで表示されます。
case2-2は「実際の治療内容」のページのcase2と同じです。
※一番メジャーなホームホワイトニングを掲載するのを忘れていました。当然ホームホワイトニングが一番症例が多いのですが、当たり前に普通にしっかり綺麗になるだけなので、少しだけ珍しかったりする症例を優先的に掲載しています。

case2-1
下顎大臼歯の水酸化カルシウムとレジンによる間接覆髄治療

治療の流れ
虫歯除去~間接覆髄までの流れ
【概要】
虫歯を取るときに一気にたくさん削ればすぐ綺麗になるので治療時間も短くでき患者さんも楽ですが、削らなくても良い部分まで大幅に削ってしまうリスクがあります。歯の価値は一本100万円とも言われており、そう簡単に一気に削って良いものではありません。よっぽどひどい全身疾患があったり高齢で体力の低下が激しく30分以上の治療に耐えられない等の理由がない限り、切削量を最小限に留めるため、時間をかけての治療を行うようにしています。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    銀歯の裏側に虫歯がありました。まず金属の詰め物を外し、接着材や汚れを取り除きます。虫歯は目で見て判断はできませんので、ニシカカリエスチェックという虫歯を青く染色する薬を使い、虫歯の取り逃しがないよう、また健全な歯をなるべく多く残せるよう意識しつつ少しずつ徹底的に綺麗にしていきます。神経に届く前に虫歯を完全に取り切りましたので、今回は通常の保険の材料でも使用するお薬(水酸化カルシウム製剤)を使用し、強度のある材料で補強(バルクベースを裏装)し、この日は終了となります。この後、セラミックもしくは金属といった強度のある材料で噛める歯に形づくっていく必要があります。
  • 【備考】
    レジンにアレルギーがある方にはできません。口を長く開けておくことが極端に苦手な方では精密な治療ができない場合があります。
  • 【費用】
    間接覆髄処置(自費:5000+税)
↑実際の治療内容一覧に戻る

case2-2
上顎大臼歯のMTAセメントによる直接覆髄治療

治療前後
治療前後のみの比較写真:虫歯が深く露髄した神経をMTAセメントで覆髄 治療の流れ 治療の流れの写真:虫歯の除去から露髄、MTA直接覆髄、バルクベース封鎖まで
【概要】
虫歯が深く神経まで達していたのでMTAセメントで直接覆髄治療を行いました。
虫歯は黒いところが虫歯、というわけではありません。汚れの場合もありますし、虫歯以外の原因で変色していることもあります。取り除くべき虫歯の部分を判定するにはニシカカリエスチェッカーという染色液を使います。赤と青色があり、今回は青色を使用しています。写真で青く染色されているところが削るべきところです。削合していき、神経が入っている空間である歯髄にまで達すると出血してきます。以前は神経まで達するような虫歯の場合は神経を取る処置を行うことが一般的でしたが、現在は痛み等の症状がなければ高い確率で神経を残すことが可能になってきました。case2「治療の流れ」の写真2列目の左から3枚目と4枚目を比較すると染色部を削って出血してきていることがわかります。実際は出血点の周りを改めて染めるとまだ染色していたので、染まらなくなるところまで徹底的に虫歯を除去しています。
  • 【治療回数】
    1回 60分 (+この後に修復処置や補綴処置が必要です(1~数回))
  • 【方法】
    染色液で青く染まる部分を徹底的に除去します。一気にたくさん削ればすぐ終わるのですが、最小限の切削量で、健全な歯質を少しでも多く残したいので少し削っては染めてを何度も繰り返す必要があります。今回は、もともとあった大きな穴ではなく、拡大視野下でないと見落としてしまいがちな小さな裂溝の奥で、深く広がる虫歯が存在していました(case2「治療の流れ」の写真1列目の3枚目と4枚目の写真を参照)。綺麗になった後、出血が自然に収まることを確認し、MTAセメントを充填していきます。初期硬化を待ってバルクベースという重合収縮が小さい特殊なコンポジットレジンで封鎖します。後日痛みが出ていないことを確認し、別途セラミックインレーもしくはダイレクトボンディング等の修復処置を行っていきます。
  • 【備考】
    MTAセメントは非常に高価な薬でありまた扱いが難しく、最初にうまく扱えずダメにしてしまいその後使用を躊躇してしまう先生が多い薬剤です。もしくはそういう噂を聞いて一度も使ったことがないという先生も多いと思います。また、文献でもMTAセメントが水酸化カルシウム製剤よりも明らかに優位であるという結果はまだ出ていないこともMTAセメントが浸透しきれていない理由の一つかもしれません。実際使用すると違いは歴然としており、非常に有用な薬です。神経は感染を起こしつづけると壊死してしまうので、虫歯を確実に取りきることと取り切った穴を緊密に封鎖することが重要です。水酸化カルシウム製剤は色々な製品がありますが、セメントを添加し接着力を付与したもの等でもその接着力はかなり弱く、また水分にも弱いため、出血を伴う露出した神経を封鎖することは困難でした。対してMTAセメントは水分で硬化するため湿潤環境でも強固に接着力を得ることができ、また硬化時に若干膨張することからより緊密に隙間なく穴を封鎖できます。硬化後も生体親和性に優れ安心して使用できる材料の一つです。
    MTAセメントに含まれる成分にアレルギーがある方には使用できません。 また、確実に神経を保存できるわけではありません。神経がすでにダメージをかなり受けている場合、何もしなくても強い痛みがある場合などは成功率は低くなります。
  • 【費用】
    MTA直接覆髄治療(自費:10000+税)
↑治療内容一覧に戻る

case2-3
上顎小臼歯のMTA直接覆髄とダイレクトボンディング修復治療

治療の流れ 治療の流れの写真:カリエス除去から自費用コンポジットレジン築盛まで ※写真をクリックすると拡大できます。
【概要】
虫歯を取っていくと大きく露髄したのでMTAセメントで直接覆髄を行い、後日ダイレクトボンディング修復を行っています。
  • 【治療回数】
    2回 60分+75分
  • 【方法】
    1回目で銀歯と虫歯をとり、神経を守る薬で穴を封鎖しました。今回は神経まで深く浸潤していたので、MTAセメントにて直接覆髄を行っています。2回目で痛みが出ておらず且つ神経の生活反応があることを確認し、ダイレクトボンディング修復を行っています。
  • 【備考】
    ダイレクトボンディングは自費修復治療の中では一番安価で費用対効果に優れますが、1時間以上うがいなしで口を長く開けておく必要があるため、小さなお子様や顎関節症の方等、口を長く開けておくことができない方には向きません。セラミックの粉の繋ぎにレジンを使用しているため、レジンアレルギーの方にもできません。
  • 【費用】
    1回目:MTA直接覆髄処置(自費:10000+税)
    2回目:OD窩洞ダイレクトボンディング修復(自費:25000+税)
    他に治療がなかった場合は別途自費診断料5000円+税がかかります。保険治療等からの移行の場合はかかりません。
↑実際の治療内容一覧に戻る

case2-4
下顎小臼歯のグラスアイオノマーセメントによる間接覆髄治療

治療の流れ
金属除去~間接覆髄までの流れ
【概要】
金属の裏にある虫歯はぱっと見ただけでは虫歯には見えないことがあります。エックス線写真で見つかることが多いですが、金属の影になっている部分はエックス線写真にも写らないため、写ってきたときはすでに大きな虫歯になっていたということも良くあります。金属で覆われているため、虫歯が神経まで達するほど大きくならない限り痛みが出ないことも多く、早期発見には定期的な検診が必要になります。
  • 【治療回数】
    1回 45分
  • 【方法】
    写真中の解説通りです。写真では一気に綺麗になっているように見えますが、実際は少し削ってはまた染めてを何回も繰り返し、切削量を最小限にし、神経を温存できるようにしています。この工程を丁寧にせず、時間短縮のために一気に削って終わらせるようなことをした場合、この深さの虫歯の場合は神経を取る処置になる可能性が高いと思います。
  • 【備考】
    グラスアイオノマーセメントにアレルギーがある方にはできません。ラバーダムはラテックスアレルギーがある方でもノンラテックス製品を用意しているので使用できます。
  • 【費用】
    間接覆髄処置(保険:単独500程度 他の歯茎の治療や月始めの管理料等を含めた実際の支払いは1000~2000程度+税)